全1枚のサムネイル画像(1ページ)
ヨダレをたらして欲情しはじめた。 樹本つばさ

つばさは夫の連れ子のと関係も良好で、幸せな生活を送っていた。この幸福を脅かす唯一の懸念材料は、巨根を見ると即発情、ド淫乱と化してしまう、つばさ自身のとんでもない性癖だけだった。悪い癖が出たら家庭が壊れる…つばさは注意深く性癖を隠し、いい母親を演じてきた。だがある日、ひょんなことから義理の息子がデカチンの持ち主であることを知ってしまう…。



1