全1638414枚のサムネイル画像(16385ページ)
灯月いつか ファーストDVD

ロー協公式メンバーの『灯月いつか』ちゃんがやってきました♪いつかちゃんはほんわかしていて、本当に癒されます。でもこんな子がこんな事に!実は歌がとても得意なんです。いつかちゃんを応援しよー!オススメ作品です!


魅惑 上杉智世

タレントとしてTVや映画などで活躍している『上杉智世』ちゃんのセクシーな魅力に溢れるイメージ映像。まるで傍にいるかのような臨場感にドキドキしちゃうこと間違いなし。癒し&刺激の絶妙なブレンドでお届け!


貴方もう別れて… 井上真帆

仕事が忙しく出張も多い夫は、私を抱かなくなってしまった。その癖、束縛は強く『真帆』はいい加減疲れてしまった。夫の出張前日、真帆は夫に抱いてくれるよう頼んだが、やはり抱いてはくれなかった。不機嫌な真帆を残し出張へと向かう夫。その日の夜、真帆と仲直りをするべくTV電話をかけた。機嫌は直らず、話も早々に切り上げられ、電話も切れた、はずだった。まだ通話中の電話からは、妻と男の声がする。夫は画面をみて驚いた。妻が知らない男に抱かれていた。翌日、何度も電話するが繋がらない真帆にイライラしていた。やっと繋がったのは夜。昨日のことを問いただすと、真帆は悪びれすこう言った。「今日も来てもらっている」夫は怒りに震えた。調子に乗った男は真帆にオナニーをするように命じ、真帆は夫を挑発するようにヨガッた。真帆の強い姿に興奮した男は、真帆に襲いかかる。男により淫らに悶える妻の姿に夫は悶絶した。見たくない姿が映っている、でも画面から目が離せなかった。体が満たされ、気持ちよさそうに微笑む真帆。夫は悔しくて悔しくてたまらなかった…。


妻が元ヤリサーの姫だった証拠ビデオをネットで発見。

結婚して数年、まだ新婚気分で仲良くしている僕たち夫婦。新たな部屋で、より一層愛を育もうと話しております。あ、自慢じゃないですが、妻の『もな』は清楚で可愛くて、夜の方はなんというか恥ずかしがり屋で、そこがまた可愛い。もなと結婚して良かったと日々思っております。先日妻の大学の同窓会があるというので、ゆっくり楽しんできてと送り出しました。僕は引越しの荷物など片付けながら、昔の写真とか眺めておりますと、妻のものと思われる段ボールがあり、妻に確認と思ったのですが繋がらず、つい箱を開けてしまいました。そこにあったのは見たことのないカメラ。ドキドキしながら見てみると、大学時代に所属していたサークルでの飲み会が映し出され、見続けるとそこには妻が複数の男たちと楽しげにSEXしている姿が。しかし過去の話だし、楽しげにヤってるのはどう見ても妻だし、と数日モヤモヤしていました。ある夜、横で寝息を立てている妻の寝顔を見ているとふと、妻の所属していたサークルが気になり始め、そっと寝室を後にし、パソコンで検索。なんと言うかヤッパリと言うか、妻がやられている動画が出てきたんです。あぁそうか、妻はヤリサーの姫だったんだと、悲しいけど理解しました…って、あれ?ちょっと待てよ、この動画に写ってるのは今の妻だよね?どうゆう事?どうゆう事なの? ※本編顔出し


鍋パNTR 【悲報】鍋パーティーをしてやった結果

会社のモテない野郎達が出会いが欲しいと言い始めたので、唯一既婚の俺が協力してやる事にした。まぁ自慢の嫁を見せびらかしたいだけなのだが、嫁にも友達に声を掛けさせ、パーティーをセッティングした。当日女の子の姿に喜ぶ野郎、まぁ俺にかかればコレくらいは余裕。自己紹介からなんだかんだ飲み始め、少し打ち解けた感じになった所で俺の携帯が鳴り、まさかの緊急事態で俺は会社に行かないといけなくなった。非モテエロ野郎共をこのまま放置していくのはヤバイと思ったが、雰囲気を壊す訳にもいかず席を立った。やっと仕事が終わり、帰宅したのは早朝。家には妻しかおらず、ソファーで寝ていました。心配だったのでスカートをめくるとパンツは履いていた。傍らに野郎が撮っていたビデオカメラがあり、見てみる事にした。俺が居なくなった後、しばらく楽しげに飲んでいる面々、しばらくすると妻や女の子達へのセクハラ紛いの質問、用事があると帰ってしまう女の子、野郎共のギラついた眼差しの先には酔いつぶれて寝ている妻。まさかと見続けていると…犯されている妻の姿。目を覚ました妻を再度いじり、犯してゆく。まるで玩具のように弄ばれる妻。怒りと共にこみ上げてくる興奮に俺は勃起した。今横で寝ている妻が数時間前、男達に嬲られ淫らに喘いでいたなんて。俺は完全勃起した股間をシゴき、今までにない放出感を味わっていた…。


ネトラレーゼ 妻が逆襲され裏切られた話し

夫婦で始めたエステ店。軌道に乗り始めた所で妻を独立させた。商才があったのか妻の会社は急成長していった。私は陰ながら応援していたのだが、妻についていった元従業員から、妻の評判が良くないと聞かされる。確かに昔に比べ派手になっていき、ヒステリックに怒り飛ばす妻を諌めてはいたが、ここ数年妻とはまともに会話などしていなかった。ある日帰宅すると、妻が部下とあられもない姿で絡み合っていた。私はすぐ妻を問い詰め、事情を話させた。悪いのは私だそうだ。数年前、妻からの夜の誘いを断った。その時から妻自身私に興味がなくなったらしい。妻は部下達をしたい時に呼び出し、犯すように求めていたそうだ。部下達の中には私の腹心だった男も含まれていた。私は妻に今までの事を改めろと言い、今回の事は不問にし、再構築を図ろうとした。そんな折、妻の秘書が金を持ち逃げし連絡がつかなくなった。不意に訪れた危機に妻は混乱し従業員達を罵った。怒りを覚えた従業員達は辞表を投げつけ、妻に襲い掛かった。その場を覗いてしまった私は動けなくなってしまった。激しく犯される妻。そんな状況でも次第に感じ始め、私にとって聞きたくない言葉を吐き出した。



<前へ   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21  次へ>
タグを指定して検索
女子校生
熟女
顔面騎乗