全2枚のサムネイル画像(1ページ)
HAPPY FISH 山根千絵

むっちり肉感的ボディが実に素晴らしい『千絵』。とりわけ真ん丸の桃尻は、形・ボリュームともに絶品中の絶品。「いいケツしてんな~。プルンプルンだわ、この柔らかさ!」極上の感触を堪能し、喜々として撫で回す男たち。最高なのは尻肉だけではなかった。「なになに、もうヒクヒクしちゃってんのかよ!?」さんざん弄ばれ、尻穴が反応してしまったのだ。惚れ惚れするほどのアナル感度…。この日の狙い目が決まった瞬間であった。尻穴のみならず、性的刺激に対してとことん弱い敏感ボディ。アナル凌辱が進むにつれ、全身の性感帯が活性化されていくようだ。そこで女体を拘束台に固定し、浣腸液を大量注入。電動玩具で二穴同時に責められると「やだやだ、これダメえぇ。漏れるっ漏れちゃうぅ!」懸命に耐え続ける千絵。全開の股間をプルプル震わせて…。するとトドメとばかりにアナル生姦で犯しまくる男たち。今まで経験した事のないゾクゾク痺れるような感覚が、少女の全身に一気に駆け巡る。「あっああ…嫌っ見ないで、もうダメ…」これまで耐え抜いてきた頑張りが全て水の泡。ヒクつく肛門から、ブピップピュブリブリと汁まじりの大便が…。無様な音を響かせ、あえなく脱糞してしまった千絵。興味本位の視線を向ける男たちの目の前で…。放心状態から立ち直れなくても無理はないだろう。すっかり心が折れてしまった千絵は、もはや抵抗する力を完全に失っている模様。いや、抗うどころか、肉体は欲するままに快楽を享受。「はあぁキモチいい…イッちゃうぅイクイク」こうなると男たちもますます情け容赦ない暴挙に。何とナマ肉棒を同時にブチ込む二穴3P姦で嬲り放題。当然、口腔へも問答無用のイラマチオ。少女の肉穴という肉穴を、寄ってたかって犯し尽くすのだ。全てが終わると、密室内は嵐が過ぎ去った後のような静けさ。マゾ淫欲にまみれて、アクメの余韻に浸る女体がピクリともせずに転がっていた。


HAPPY FISH 篠宮優理

段ボール箱にすっぽり入るほど小柄な身体が、何とも愛くるしい印象の女子校生『優理』。喜々として群がる見知らぬ男たちに、怯えきった視線を向ける表情もまたタマらない。「ちっちゃくてカワイイね~。たっぷり遊んであげるからね(笑)」「そんな怖がらないで…キモチよくしてあげるんだからさ」その笑顔とは裏腹に、容赦なく責め始める男たち。箱入りのまま、ひとしきり弄んだ後、密室に運び込んで更なる緊縛調教を…。まだまだ未成熟なロリ肢体は、性的刺激に対しても、まるっきり不慣れなようだ。無垢なクリトリスを指先で軽くイジられただけで「そこダメっ…イヤあぁ漏れちゃう~ぅ」ピュピュ~ッと勢いよくアーチを描く体液。まるでスイッチのように、触れれば噴射…といった要領だ。その上、電動玩具の凄絶刺激を浴びようものなら…。ひと溜まりもなくビュンビュン大量潮吹き。するとここぞとばかりに、蝋燭責め+輪姦を仕掛ける男たち。少女のマゾ欲情が限界まで高まったところで、魅惑的な快感の真髄を、徹底的に知らしめるのだ。「はああぁあっあっ…ダメぇこんなはず…」初めて知る淫らな快楽に、戸惑いを隠せない優理。しかも肉棒ピストンが加速すればするほど、その恍惚感覚はどんどん増していく一方。こうなるともう年頃の少女に抗う術はない。虚ろな表情で、すっかり快感に身を委ねきってしまう。見た目は未熟でも、やはり発情期真っ盛りの肉体なのだ。後はただひたすら堕ちていくのみ。スクール水着を着込んだ姿は幼げなままなのに、身体が快楽を求めてしまう。犯されながらザーメンを浴び続け、堕落する悦びに溺れる優理。スク水が似合うドMロリペットとして、最高レベルの成長を果たしたようだ。



1
「 SM 顔面騎乗 」の中からタグを指定して絞り込む
SM 顔面騎乗 +
女子校生
SM 顔面騎乗 +
緊縛
SM 顔面騎乗 +
セーラー服

タグを指定して検索
女子校生
熟女
顔面騎乗
SM
緊縛
セーラー服