原田眞人の動画

17件中 1ページ目
登録タイトル検索の結果 1件

トム・クルーズ主演、渡辺謙のハリウッドデビュー作品。明治維新直後の日本。政府は軍事力の近代化のため西洋式の戦術を取り入れることを決断。前時代的な侍たちを根絶させようと企んでいた。そんな中、政府は南北戦争の英雄オールグレン大尉を招聘。彼は西洋式の武器の使い方などを教え始めるが、侍たちの不穏な動きに焦る政府は、急造軍隊を侍掃討に送り出す。一人最後まで闘い続けたオ

U-NEXT-offビデオパス-offdTV-offamazonプライム・ビデオ-onFODプレミアム-offHulu-on

動画配信サービス横断検索の結果 16件

井上靖の自伝的小説を映画化。母と息子の葛藤と和解を綴った感動ドラマ 見どころ ノーベル賞作家・井上靖が自身の母についてつづった小説を、社会派から娯楽大作まで手掛ける原田眞人監督が映画化。役所広司、樹木希林ら実力派俳優陣が顔を揃えている。 ストーリー 幼少期に両親と離れて育てられたベストセラー作家の洪作は、社会的に成功し、家庭を持った今でも母・八重に捨て

「日本のいちばん長い日」の原田眞人が監督を手掛けた伝説のロードムービー 見どころ 役所広司と高橋和也が主演を務め、ペルー育ちの日系人タクシードライバーとチンピラの逃避行を描いたロードムービー。各国の映画祭で絶賛された原田眞人監督の初期の傑作! ストーリー 女がらみで悪徳政治家とトラブルになった達男は、ヤクザに恋人を殺されてしまう。復讐を試みるも命を狙わ

1945年8月15日の知られざる真実を追ったノンフィクションを映画化 見どころ 日本がポツダム宣言を受諾し、降伏へと至るまでに二転三転した道のりと、終戦前夜の事件を描く。監督は『クライマーズ・ハイ』の原田眞人、共演は役所広司、本木雅弘ほか。 ストーリー 1945年7月、連合国は日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言の受諾を要求。降伏か、本土決戦かの結論が

援助交際にブルセラ。“コギャル”と呼ばれた90年代女子高生を描く青春群像劇! 見どころ 90年代の女子高生のピュアな友情を、社会派から娯楽作まで幅広く手掛ける原田眞人監督が描出。当時は誇張される傾向があったコギャルの生態を、等身大に捉えている。 ストーリー 女子高生のマルは、ある中年男とホテルに入るが、その男の正体はヤクザで、学生証と携帯電話を奪われる

1952年東京。探偵の榎木津礼二郎(阿部寛)は、失踪した14歳の少女・可菜子(寺島咲)の捜索を元女優・袖木陽子(黒木瞳)から依頼される。可菜子は、陽子が柴田財閥の会長の孫との間にもうけた娘であり、可菜子の後見人の座を狙う財閥の顧問弁護士・増岡則之(大沢樹生)に身柄を確保されていた。榎木津と陽子は、増岡の家に可菜子がいると見抜くが、既に可菜子は同級生の楠本頼

1985年8月12日。群馬・長野県境にある御巣鷹山に、羽田発大阪行の日本航空123便が墜落。死者520人という世界最大の航空機事故が発生する。群馬の地元地方紙『北関東新聞』では、社長の白河(山崎努)から事故の全権デスクを任された遊軍記者・悠木(堤真一)が、社内の複雑な人間関係に苦悩しながらも、報道の使命を全うするために記者たちを率いて奮闘。ところが同じ頃、

1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に

鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えて

1959年。小説家の伊上洪作(役所広司)は、父・隼人(三國連太郎)の見舞いに行った湯ヶ島の両親の家から東京の自宅に帰ってくる。妻の美津(赤間麻里子)、長女の郁子(ミムラ)、二女の紀子(菊池亜希子)が、伊上の新作小説にせっせと検印を捺している。それはベストセラー作家の家族の大切な仕事であったが、三女の琴子(宮崎あおい)の姿はない。自室にこもって夕食にも降りて